ミシャ監督 FCソウル戦試合後会見

AFCチャンピオンズリーグ2016 ノックアウトステージ ラウンド16 第2戦 vsFCソウル 試合後のコメント

「非常に痛い残念な敗戦でした。前半は相手がいい試合の入り方をして、我々は長いボールを蹴るだけの展開になってしまいました。相手がリードするべく1点を取って前半を折り返しました。

後半に入って、チームは自分たちの狙いとするサッカーを展開してくれました。我々は、後半に得点して1-1に追いついて、試合を決定づけなければいけませんでした。延長に入って、相手が2点目のゴールを奪った後、チームは勇気を持って、そして力を振り絞って得点を重ねてくれました。ただ、延長のアディショナルタイムに3点目を許してしまい、PKになってからも、我々が決めれば勝利できる状況でしたが、決め切ることができませんでした。2回ほど勝利できる可能性のあった試合だっただけに、痛い敗戦でした」

(元記事: http://bit.ly/1VieU2s 浦和レッズ公式サイト)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × one =