ACLグループステージMD3 vs広州恒大 アウェイで先制されるも価値あるドローに終わる

AFCチャンピオンズリーグ2016(ACL)グループステージMD3広州恒大(中国)戦は16日、広州市の天河体育中心で行なわれ、浦和レッズは1-2で迎えた89分、興梠が2-2とする同点ゴールを決め、アウェイで貴重な勝ち点1を手に入れた。

小雨が降る、ひんやりとした空気の広州。スタンドの一角では約300人のレッズサポーターが力の限りの応援を繰り広げていた。

(元記事: http://bit.ly/1Z0ZCyq 浦和レッズ公式サイト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 3 =