ペトロヴィッチ体制で、浦和レッズは変わるのか?(スポルティーバ記事)

昨シーズン、降格危機という憂き目を味わった浦和レッズ。かつてアジアの頂点に立ち、世界3位に上り詰めたビッグクラブの面影は完全に薄れつつある。この現状を打破するために、クラブは昨年末からチーム再建を託(たく)す監督人事に奔走。紆余(うよ)曲折を経て、昨季までサンフレッチェ広島を率いていたミハイロ・ペトロヴィッチ監督を指揮官に迎えた。はたして、レッズは低迷から脱却することができるのか。浦和というクラブの性格をよく把握している”ミスター・レッズ”福田正博氏が分析する。

(元記事: http://bit.ly/ycFdQW 集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 4 =