「もう一度チャンスを」 浦和・橋本代表(埼玉新聞記事)

橋本代表単独インタビュー(上)

浦和は今季、ミハイロ・ペトロビッチ新監督を迎え、新たな船出を切った。昨季は最終節まで残留争いを強いられ、1シーズン制になった2005年以降ワーストの15位に転落。4季連続の無冠に終わった。

クラブの橋本光夫代表は埼玉新聞の単独取材に応じ、新監督の手腕に高い信頼を寄せ、補強にも手応えを示した。4季目を迎える橋本代表は、「昨年の反省を糧にして、もう一度チャンスをいただきたい」と不退転の覚悟でクラブ再生を誓った。

(元記事: http://www.saitama-np.co.jp/news02/03/01.html 埼玉新聞)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です