天皇杯 準決勝 v柏レイソル 李忠成の値千金決勝ゴールで、元日決勝の舞台へ

29日、第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 柏レイソル戦が、13時5分より味の素スタジアムで行われた。

レッズは、前半からゲームを支配し、決定的なゴールチャンスを作り出すものの、1点が遠いまま90分を終え、試合は延長戦へ突入。1点を争う接戦となる中、迎えた117分、李忠成が値千金の決勝ゴールを決めて、レッズが1-0で勝利。最後まで気迫のこもったプレーで勝利をつかみ取り、元日決勝の舞台へと駒を進めた。

(元記事: http://bit.ly/1QXT5nb 浦和レッズ公式サイト)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 4 =