天皇杯 準々決勝 vsヴィッセル神戸 前半の3得点で完封勝利、準決勝へ進出

26日、第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝 ヴィッセル神戸戦が、13時4分よりヤンマースタジアム長居で行われた。

レッズは、22分に興梠のゴールで先制すると、その後も25分に李と44分に宇賀神が追加点を決めて3-0で勝利。リーグ戦で味わった悔しさを糧に、選手たちは最後まで闘志をみなぎらせて戦い、準決勝へと駒を進めた。

(元記事: http://bit.ly/1NRjVaN 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です