李 忠成「決めきるところでしっかりゴールを決めて、準決勝に進む」

26日(土)、浦和レッズはヤンマースタジアム長居で、第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会準々決勝、ヴィッセル神戸戦を迎える。およそ一ヶ月の調整期間の中で、李 忠成は2度のトレーニングマッチやミニゲームで多くのゴールを決め、好調を維持してきた。個人としても思い入れが強い天皇杯で、背番号20のストライカーは、自らのプレーやゴールで、チームを準決勝へと導くことを誓った。

(元記事: http://bit.ly/1QLI0WG 浦和レッズ公式サイト)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 1 =