天皇杯ラウンド16 vsFC町田 7ゴールで相手を圧倒し、準々決勝に進出

11日、第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会ラウンド16(4回戦) FC町田ゼルビア戦が、19時4分より熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われた。

2006シーズンの第86回大会以来、9シーズンぶりの優勝を目指すレッズは、30分に橋本のゴールで先制すると、その後6得点を重ねて7-1で快勝し、危なげなく準々決勝へと駒を進めた。

2015年Jリーグ推薦シードを獲得し、4回戦からの出場となったレッズは、直近の2ndステージ第16節 川崎フロンターレ戦からスタメンを9人入れ替えて試合に臨んだ。

(元記事: http://bit.ly/1lkc9Pb 浦和レッズ公式サイト)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine − 6 =