ミシャ監督 FC町田戦試合後会見

天皇杯ラウンド16(4回戦) vsFC町田ゼルビア 試合後のコメント

「最後は点差がつきましたが、町田がなぜ名古屋に勝利したのか、福岡に勝利したのかというものが見えた試合でした。技術のある選手、そしてしっかりオーガナイズされたチームだということがよく見えましたし、立ち上がり、我々が町田に対して難しい状況だったことは確かです。

特に立ち上がり、攻撃の組み立てのところで、町田の2トップの選手がチェイシングをしてきて、なかなか思うようなビルドアップができないような状況でした。そういう中で、我々は攻撃の組み立てのところを時間の経過と共に修正して、その後は比較的、自分たちのいつもの展開を作ることができたと思います。

後半の立ち上がりも、我々は若干、いい状況が作れない中で、相手に得点を許し、3-1となってしまいました。その後、選手たちは落ち着いて、攻撃をしっかりと組み立てる中で、得点を重ねることができました。今日のゲームに関しては、我々のチームはボールの動かし方やオフの動き、サイドのローテーションで、いい攻撃の形が作れていたと思いますし、選手たちは強い町田に対して、自分たちも強い気持ちを持って相手を打ち負かしにいく、そうした姿勢を最後まで見せてくれました。非常にいい攻撃の形が多く見られた、素晴らしい試合だったと、私は評価しています」

(元記事: http://bit.ly/1lkc5z3 浦和レッズ公式サイト)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine − 4 =