大谷幸輝「悔しさを晴らすためにも、いい準備をしてゼロに抑え、勝利する」

11日(水)、浦和レッズは熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で、第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会のラウンド16(4回戦)、FC町田ゼルビア戦に臨む。レッズにとっての今大会初戦。今シーズン、ヤマザキナビスコカップ準々決勝でゴールマウスを守った大谷幸輝は、平常心を心がけつつも、そのときの悔しさを少しでも晴らそうと、必勝を期して、この試合に臨もうとしている。

(元記事: http://bit.ly/1WOrALl 浦和レッズ公式サイト)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen − 16 =