2ndステージ 第15節 vsFC東京 アウェイでの激戦を制し、次戦約1ヵ月ぶりのホームへ

明治安田生命J1リーグ2ndステージ第15節FC東京戦は、10月24日(土)14時2分より、味の素スタジアムで行なわれた。

2ndステージは残り3節。年間勝ち点2位(レッズ)対3位(FC東京)の戦いとあって、スタジアムは熱気に溢れていた。選手入場の際には、両チームサポーターがそれぞれのビジュアルを掲出して選手を鼓舞。盛り上がるムードの中、試合はFC東京ボールのキックオフで始まった。

レッズの1トップは、8月12日のアルビレックス新潟戦以来9節ぶりの先発となるズラタン。リーグ最少失点の相手に対し、前節にゴールを決めて好調のズラタンを入れ、空中戦でもアクセントをつけようという狙いが見えた。

レッズは前節のガンバ大阪戦で試合の入り方に失敗した反省を活かし、立ち上がりから集中力と球際の厳しさを意識したことが伝わるプレーぶりだ。
11分、早くも先制点が入る。槙野から宇賀神へのパスが通ると、宇賀神がワントラップで敵陣深くまでえぐり、左クロス。相手GKが弾いたところ、ゴール前に詰めていた柏木が左足で流し込み、1-0とした。

(元記事: http://bit.ly/1Lugt6W 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です