「やり残したことがある」阿部復帰会見

25日14時から、埼玉スタジアムボールルームにて阿部勇樹の復帰記者会見が行なわれた。冒頭、山道守彦強化部長から、今回の復帰について説明があった後、阿部が挨拶。質疑応答も含めて、20分強、言葉を選びながら丁寧に復帰の決意を語った。

山道守彦強化部長

「監督会見、選手加入会見のときにもお話ししたとおりですが、私が秋から強化に戻り、海外で経験があって実績があり、軸になれる一流の選手というのがどうしてもこのクラブには必要だと感じていました。阿部選手とは2007年に加入したときに一緒に仕事をしていたので、サッカーピープルとして連絡など取り合っていました。ただ、そんな簡単なことでは加入ということにはなりませんが、いつか、こう言う選手がまた浦和レッズの力になってくれればいいな、ということは夢に描いていました。本日、このような形で阿部勇樹選手が浦和レッズに戻ってきて、レッズを変える大きな力になってくれることを期待しています」

阿部勇樹

「帰ってきました、阿部勇樹です。向こうでサッカーをやっている中で、正直、今回いろいろ考えましたが、浦和レッズでサッカーがしたいと思い、帰ってきました。この素晴らしいクラブで何かを成し遂げるために、イチからまた頑張りたいと思います」

(元記事: http://bit.ly/w2KqYo 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × three =