vs湘南プレビュー「相手よりハードワークし、チャンスを決めきり、連勝をつかもう」

16日(日)、浦和レッズは、明治安田生命J1リーグ2ndステージ第7節、湘南ベルマーレ戦をホーム埼玉スタジアムで行う。

前節、チームはアルビレックス新潟の守備に苦しめられ、前半12分に失点したが、そこで崩れず、徐々に主導権を握ると、ズラタンのゴールで追いつき、さらに後半には梅崎 司の鮮やかなミドルシュートで逆転勝利を収めた。興梠慎三、武藤雄樹という日本代表選手を欠きながら、代わりに出場した選手が得点し、中断明けの初戦できっちりと勝ち点3を得られたことは非常にポジティブな結果だった、と言える。

(元記事: http://bit.ly/1J9mx4W 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 − 1 =