ミハイロ・ペトロヴィッチ新監督、就任会見

17日18時から埼玉スタジアム2002ボールルームにて、ミハイロ・ペトロヴィッチ新監督の就任会見が行なわれた。

会見には橋本光夫代表と山道守彦強化部長が同席し、最初に橋本代表が、昨年を「誇りあるクラブへ向かおうという歩みを停滞させてしまいました」と総括。「2012シーズンはクラブの信任回復とチームの再建、再生を目指します」と力強く宣言した。 続いて山道強化部長がミハイロ・ペトロヴィッチ監督就任の経緯を説明した。「若く経験が少ない選手が多い今のチームには、実績と経験があり、引き出しの多い監督に任せるしかないと思っていた」と語り、「確かに紆余曲折はありましたが」と前置きした上で「チームを変えるために必要な指揮官に任せたいということの答えがミシャ(ミハイロ・ペトロヴィッチ)監督です」と力強い口調で話した。

その後、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督がにこやかに挨拶。サッカーやレッズに対する思い・考えなどを語ってから質疑応答、フォトセッションをこなし、約1時間の就任会見を終えた。なお、サンフレッチェ広島時代からコーチとして監督の通訳を務め、監督が絶大な信頼を寄せる杉浦大輔コーチが、引き続き、レッズでもコーチとして監督の通訳を務めることとなり、揃ってレッズのクラブスーツを着て会見に臨んだ。

(元記事: http://bit.ly/yQaQUQ 浦和レッズ公式サイト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen − 2 =