ACLグループステージMD4 vs北京国安 同点に追いつくも、悔しいドロー

8日、浦和レッズは埼玉スタジアムにて、AFCチャンピオンズリーグ2015 グループステージ MD4、北京国安戦に臨んだ。必勝をかけたホームゲームだったが、引き分けという結果に終わった。

レッズの前線は李の1トップに石原・武藤の2シャドーという組み合わせ。柏木・青木がボランチに入り、阿部が公式戦ではおよそ1年ぶりにベンチスタートとなった。

(元記事: http://bit.ly/1FjrYxm 浦和レッズ公式サイト)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 − thirteen =