ACLグループステージMD3 vs北京国安 我慢強く戦うも後半の失点で敗れる

17日、浦和レッズはAFCチャンピオンズリーグ グループステージ MD3北京国安戦を行った。

レッズの先発はGK西川、3バックの両ストッパーには森脇と槙野。出場停止の那須の位置には今季公式戦初出場となる永田が入った。ダブルボランチには阿部と啓太。右アウトサイドには今季ACL初登場の平川、左アウトサイドにはACL初戦の水原三星ブルーウィングス戦以来の出場となる橋本 和。3枚の攻撃陣は石原、武藤、柏木の構成で、石原は1トップとして初先発。武藤はレッズでのACL初出場となった。リザーブには大谷、加賀、梅崎、青木、小島、関根、高木が入った。

(元記事: http://bit.ly/1BvPwr7 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × two =