ACLグループステージMD1 vs水原三星 ACL初戦、先制するも黒星スタート

2015AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループG・MD1水原三星ブルーウィングス戦は2月25日19時30分(日本時間同)、水原ワールドカップスタジアムでキックオフされた。

青をチームカラーとする水原三星に対し、赤をチームカラーとする浦和レッズは、アウェイ側ゴール裏に詰め掛けた約900人のサポーターから大きな声援を受けてのプレー。レッズの先発はGK西川、3バックは右から森脇、那須、槙野、右アウトサイドに宇賀神、左アウトサイドに橋本、ダブルボランチに阿部と青木、2シャドーには柏木と石原、1トップにズラタンが入った。控えは大谷、加賀、啓太、梅崎、関根、高木、李。

水原三星の先発メンバーには、2006年から2010年までJリーグ川崎フロンターレでプレーした北朝鮮代表FW鄭大世(チョン・テセ)が1トップに入った。

(元記事: http://bit.ly/1JMi1vd 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です