ミシャ監督 宮崎トレーニングキャンプを振り返って

「この時期はコンディションを上げる意味で、非常に厳しいトレーニングを宮崎キャンプで行いました。選手たちはとても高いモチベーションで、精力的にトレーニングに取り組んでくれたと思っています。明日、さいたまに戻りますが、次のキャンプまで一週間くらいありますので、その中でもトレーニングを積みながら、次のステップに調整を進めたいと思っています。

このキャンプでは興梠、柏木が全体練習に合流出来ませんでしたが、2人に関しては、大原サッカー場でのトレーニングでチーム練習に合流できることを期待していますし、彼らが加わって、チーム全員でトレーニングをできることが、今後の我々にとって一番良いことだと思います。

トータルして見ても、非常に良いキャンプができたのではないかと思っています」

(元記事: http://bit.ly/1JpmuAi 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 − 14 =