阿部勇樹「何かを起こすために自分たちがやってきたことをしっかり出す」

6日(土)、浦和レッズは名古屋グランパスとリーグ最終節のホームゲームを戦う。3月1日の開幕から約9ヵ月に渡るリーグ戦で、中盤の要として全試合フル出場し戦い続けてきたのが阿部勇樹だ。他会場の結果次第では8年ぶりのリーグタイトルも懸かる最終戦へ向け、レッズの頼れるキャプテンは地に足を着けた戦いをすることの大切さと同時に、チームメートへの思いを語った。

(元記事: http://bit.ly/1tZbhft 浦和レッズ公式サイト)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 + 3 =