阿部のPKで先制も、終了間際の失点で痛いドロー

29日、浦和レッズはベストアメニティスタジアムにてサガン鳥栖とのゲームを戦った。第33節にこのアウェイゲームが組まれるのは3年連続となった。この日はレッズが勝利した上で、2位ガンバ大阪の結果次第でリーグ優勝を決められるゲーム。多くのファン・サポーターが駆けつけ、ウォーミングアップの段階からゴール裏スタンドのみならずメインスタンドやバックスタンドからも大きな声援が送られた。

(元記事: http://bit.ly/1rGDj5e 浦和レッズ公式サイト)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve − three =