関根の決勝弾で勝ち点3を奪い、次節埼スタ決戦へ

3日、浦和レッズは日産スタジアムにて横浜F・マリノスとJリーグ第31節のアウェイゲームを戦った。レッズのスタメンはボランチに啓太、右アウトサイドに平川が入った。また、右腓骨の骨折により離脱した興梠が務めていた1トップには李が入り、2シャドーには柏木と梅崎が並んだ。

アウェイにもかかわらず駆けつけたレッズサポーターが日産スタジアムのゴール裏を真っ赤に埋め、試合前から力強いサポートの声が響き渡った。日中こそ暖かい天候に恵まれたものの、日が落ちると一気に気温が下がっていく中で17時4分のキックオフを迎えた。

(元記事: http://bit.ly/1A5bbvK 浦和レッズ公式サイト)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen − 3 =