「選手たちの点を取る強い意志を感じることができた」ミシャ監督

Jリーグ第31節 vs横浜F・マリノス 試合後のコメント

「今節我々は1日遅れての試合ということで、昨日の結果を受けて、我々には今日何が必要かを頭に入れて戦ったゲームでした。

前半の立ち上がりはよかったのですが、15分を過ぎたあたりから、危険な攻撃をできませんでした。マリノスは消化試合ということで、たくさんのサポーターが入った中で攻撃的なサッカーを仕掛けてくると予想していましたが、先発を見た感じでは守備的に来るのかなという印象でした。これだけ多くのサポーター、残りの試合を考えれば、もっと彼らは攻撃的に来てもいいのではないかと思いました。

ハーフタイムにはロッカールームに戻ってきた選手たちの様子を観察していましたが、選手たちは気持ちの入った強い目をしていました。今日のゲームはいつものような我々の美しいゲームではありませんでしたが、泥臭い試合の中でも1点を取って勝つという彼らの意志を感じることができました。私は彼らが必ず点を取ってくれると思ってくれましたし、実際にそうなりました。

我々は次のガンバ戦まで3週間空きます。シーズン終盤に入ってどの選手も疲労が蓄積していますし、この3週間でしっかりとリカバリーとトレーニングをし、いい準備をしていきたいと思います」

(元記事: http://bit.ly/1A5b0AF 浦和レッズ公式サイト)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ten − 7 =