「テンポが速い、素晴らしいゲームだった」ミシャ監督

Jリーグ第30節 vs鹿島アントラーズ 試合後のコメント

「非常にテンポが速い、両チームにとって素晴らしいゲームでした。試合全体を通してみれば我々のほうが若干ベターな戦い方ができたと自負していますが、決定的なチャンスがあった場面で決めきれませんでした。我々が鹿島に与えた決定的なチャンスはおそらく失点の場面くらいであったのではないかと思っています。そうした少ないチャンスを決められ、リードされてしまいました。

前半立ち上がりのPK、その直後のマルシオ選手の決定機などが決まっていれば、試合は全く違った展開になっていたと思います。ただ、試合全体を通して選手たちが見せてくれたパフォーマンスに対しては、私は満足しています。決して慌てることなく試合をコントロールしながら進めることができているチームになっていると思いますし、我々はまた優勝に向けて、一歩近づけたと思っています」

(元記事: http://bit.ly/1wwzdgJ 浦和レッズ公式サイト)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven + one =