意地のぶつかり合いはドローに終わる

26日、浦和レッズは県立カシマサッカースタジアムにて鹿島アントラーズとJリーグ第30節のアウェイゲームを戦った。レッズは前節からスタメンを4人変更。青木がボランチに入り、左右のワイドは左に出場停止明けの宇賀神、右に関根。2シャドーの一角でマルシオ リシャルデスが今季初の先発出場となった。

(元記事: http://bit.ly/1wwywUN 浦和レッズ公式サイト)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen − eight =