西川周作「緊張感を楽しみながらプレーしたい」

22日(水)、浦和レッズはヴァンフォーレ甲府とJリーグ第29節のホームゲームを埼玉スタジアムで戦う。ここ3試合連続で先制点を許すゲームが続く中、その流れを断ち切るべく最後方からチームを引き締めるのがGKの西川周作だ。前節のベガルタ仙台戦では手痛いミスもあったが、そのセービング力とビルドアップ力への信頼は揺らがない。レッズにとって公式戦1000試合目の節目となるこのゲーム、ファン・サポーターの後押しを背にホームでシャットアウト勝利すると誓った。

(元記事: http://bit.ly/1zj25ev 浦和レッズ公式サイト)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 5 =