一進一退の攻防は悔しい敗戦に

18日、浦和レッズはユアテックスタジアム仙台にてベガルタ仙台とJリーグ第28節のアウェイゲームを戦った。レッズは前節の徳島ヴォルティス戦と同じメンバーでスタート。サブには坪井が8月16日の広島戦以来リーグ戦8試合ぶりに入った。アウェイ側のゴール裏はファン・サポーターでぎっしりと埋めつくされ、大きな声援を送る中で14時4分のキックオフを迎えた。

(元記事: http://bit.ly/1wcUn0Y 浦和レッズ公式サイト)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one + 19 =