宇賀神友弥「相手のことよりも自分たちがやってきたサッカーを出す」

18日(土)、浦和レッズはベガルタ仙台とJリーグ第28節のアウェイゲームを戦う。昨年も優勝を争うリーグ終盤で手痛い引き分けを喫した難敵だが、今季のレッズはそうしたジンクスをいくつも打ち破ってきた。その中で運動量が要求される左サイドのポジションを担い、周囲をよく見て自らの良さだけでなくチームメートの良さも引き出すプレーヤーが宇賀神友弥だ。リーグ終盤戦に入る中、背番号3はミシャ監督のバースデーゲームでもある仙台戦での活躍を誓った。

(元記事: http://bit.ly/1svPpL7 浦和レッズ公式サイト)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 4 =