我慢強く戦い、ホームで逆転勝利

5日、浦和レッズは埼玉スタジアムにて徳島ヴォルティスとJリーグ第27節のホームゲームを戦った。レッズは前節のセレッソ大阪戦と同じ先発メンバーでスタート。関根がU-19日本代表に招集され、サブには山田直輝が入った。

台風18号の接近に伴い朝から雨が降り続け、ピッチにはところどころ水たまりができてグラウンダーのボールが止まってしまうコンディションでの戦いになった。ウォーミングアップの段階から選手たちは入念にピッチ状態を確かめ、ボールを浮かせたパスのフィーリングも確認して14時4分のキックオフを迎えた。

(元記事: http://bit.ly/10BvaSZ 浦和レッズ公式サイト)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − 3 =