連戦最後はアウェイで惜敗

27日、浦和レッズはヤンマースタジアム長居でセレッソ大阪とのJリーグ第26節のアウェイゲームに臨んだ。レッズは前節のアルビレックス新潟戦から両ワイドの選手を入れ替え、右サイドに平川、左サイドに宇賀神がスタメン起用された。

試合前のウォーミングアップでは、アウェイまで駆けつけた多くのファン・サポーターから、宇賀神と森脇に向けて新しくチャントが歌われた。大阪では30度近くまで気温が上がった昼間の暑さも日没とともに抜け、涼しい風が吹き抜ける中を19時4分にレッズボールでキックオフされた。

(元記事: http://bit.ly/1wOdu0M 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です