「良い部分もあったが、改善できる部分もあった」ミシャ監督

Jリーグ第23節 vs清水エスパルス 試合後のコメント

「4-1という結果を見れば、我々が快勝したように思われるかもしれませんが、ただ、前半の最初に決定機を迎えたのは清水でした。ノヴァコヴィッチ選手のシュートがクロスバーではなくゴールマウスに入っていれば試合の展開は違ったものになったと思います。あのチャンスのあと、本来の我々のサッカーをしっかりと取り戻して、2点リードして前半を終えられたことは大きかったと思います。後半に3点目が入ったところで試合を決定づけることができました。この試合で良い部分もありましたが、まだまだ改善できる部分はあると感じました」

(元記事: http://bit.ly/1wkleHC 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − four =