「選手たちは勝利のために全力を尽くしてくれた」ミシャ監督

ヤマザキナビスコカップ準々決勝第2戦 vsサンフレッチェ広島 試合後のコメント

「我々は今日の結果に対して非常にがっかりしています。サッカーではベターなプレーをしたチームが必ずしも勝ち進むとは限りません。今日はそういうゲームであったと思います。我々浦和のほうが、ピッチの上ではベターな戦いをできていた、そして勝ち進むに値するプレーをしたチームだという風に思っていますが、残念ながら2-2の引き分けという結果で大会を去ることになりました。

今日の戦いの中で、選手たちは勝利のために全力を尽くしてくれたと思います。その選手たちを批判することはできません。今日の敗因は、あれだけチャンスがありながら勝ち越しゴールを決められなかったことにあると思います。この大会は準々決勝敗退ということになりましたが、来週の練習の中でしっかりと気持ちを切り替えること、そしてリーグ戦に向けてしっかりと集中して、清水戦の準備をすることに取り組んでいきたいと思います」

(元記事: http://bit.ly/1ur5x16 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 + eighteen =