「内容を見れば、引き分けは妥当な結果だった」ミシャ監督

ヤマザキナビスコカップ準々決勝第1戦 vsサンフレッチェ広島 試合後のコメント

「広島に来たのは今年2回目ですが、2回とも悲しい気持ちで来なければいけないという遠征になりました。土砂災害でお亡くなりになられた皆様にお悔やみを申し上げることと、被害に遭われた方に心よりお見舞いを申し上げたいと思います。

試合についてですが、前半は明らかに広島が我々を上回っていたと思います。我々浦和のほうは、運動量や球際で相手に上回られる状況で、1点2 点、先にリードされていてもおかしくない展開でした。

後半、浦和は運動量を上げて相手のゴールに迫るシーンがたくさん作れ、チャンスもあったと思います。得点できずに引き分けで終わりましたが、この引き分けという結果は前半、そして後半の内容を見れば妥当であったと思います。

今日の試合は2試合を考えれば前半ということで、後半はより両チームにとって厳しいゲームになるでしょう」

(元記事: http://bit.ly/1r1JH06 浦和レッズ公式サイト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × three =