「攻撃的で危険なサッカーは出せた試合」ミシャ監督

Jリーグ第19節 vs川崎フロンターレ 試合後のコメント

「敗戦したからと言って、決してポジティブな話ができないというわけではないと思います。今日のゲームはそういうゲームでした。川崎、そして浦和。 どちらがより攻撃的なサッカーをするのかというところで注目が集まったゲームだったと思いますが、我々浦和は非常に攻撃的で危険なサッカーを出せたと思います。川崎は守備的なところからカウンターという狙いを持って戦っていたと思いますが、我々は前線から非常に激しくプレッシャーをかけて、川崎のサッカーをほとんどさせませんでした。今日は数少ないチャンスを決められて敗戦してしまいましたが、得点のチャンスは我々の方が多く作れたと思っていますが、ただ、ここ最近問題を抱えている、チャンスに対するゴールの割合が足りなかったという風に思っています。敗戦はしましたが、我々の素晴らしいゲームを見せられたのではないでしょうか」

(元記事: http://bit.ly/1oRAuKg 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven − 10 =