「引き分けという結果で残念である」ミシャ監督

Jリーグ第18節 vsヴィッセル神戸 試合後のコメント

「我々は今日のゲームをどうしても勝ちたいという思いで戦っていました。アディショナルタイムに同点に追いつきましたが、引き分けという結果に対しては残念な気持ちです。

前半はいつも通り、素晴らしい展開のサッカーができたと思いますし、そうした中で1-0でリードできました。しかしここ最近に問題である2点目を、チャンスがありながら取れないという展開の中で試合が進んでしまいました。そしてCKから失点をして、追いつかれてしまいました。1-0でリードしながら2点目が取れない展開が続くと怖さも出てきますし、セットプレーでタイミングがあってしまえば防ぎきれません。やはり、2点目を取れないという展開が試合を難しくしてしまったと思います。

(元記事: http://bit.ly/1kepC9z 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven + 9 =