土壇場で追いつきドロー、勝ち点1を積み重ねる

27日、浦和レッズはホーム・埼玉スタジアムで、全34節のリーグ戦における後半戦初戦となる第18節のゲームをヴィッセル神戸と戦った。

レッズは右サイドに平川が入ったほかは前節の鹿島アントラーズ戦と同じメンバーでスタート。ペドロ ジュニオールとチョン ウヨンを出場停止で欠く神戸は、DF登録の大屋をボランチ、右の2列目には杉浦を起用してスタート。また、以前レッズに所属した高橋峻希は埼玉スタジアムで初のアウェイゲームとなった。

(元記事: http://bit.ly/1kepEOC 浦和レッズ公式サイト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 + four =