3連戦最後となるホーム鹿島戦で勝利を

23日に行われたJリーグ第16節において、浦和レッズはアウェイ・徳島ヴォルティス戦で勝利してリーグ戦での連勝を4に、そして公式戦の連勝を8にまで伸ばした。夏場の3連戦の最後となる第17節、ホーム・埼玉スタジアムにて18時キックオフで鹿島アントラーズを迎え撃つ。この1戦で、リーグ戦での対戦は一巡することになる。

Jリーグ開幕初年度からリーグに加盟している、通称「オリジナル10」に名を連ねるレッズと鹿島は、次の試合でリーグ戦47度目の対戦となる。これまでには何度も苦杯を嘗めさせられてきた相手だが、現在はレッズが鹿島に対して4連勝中であり、かつての相性の悪さは完全に払拭したと言ってもいいだろう。その鹿島は、現在は勝ち点26で4位。ここ5試合ではわずか1勝、天皇杯でもJFLのソニー仙台にPK戦の末に敗れるなど、チームのバイオリズムは下降気味に見える。ただ、まだまだトップを狙える位置にいるだけに、レッズとの試合には高いモチベーションを持って臨んでくるだろう。

(元記事: http://bit.ly/1kfdwgE 浦和レッズ公式サイト)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

six + 1 =