Web Little Diamonds Vol.15

2011シーズンの公式戦を終了したレッズユース

最終戦は、劇的な逆転勝利 12月11日(日)、埼玉スタジアム第2グラウンドで高円宮杯プレミアリーグ最終節が行われ、浦和レッズユースは青森山田高校に3-2で勝利した。前半、右サイド関根貴大の突破からシュートまで持っていく場面が目立ったがゴールを割れず、さらにCKから西袋裕太、小出啓太、寄特直人らがシュートを放つが直前で阻まれるなど、押し気味に試合を進めたが無得点に終わった。

0-0で折り返した後半は、開始40秒足らずで失点してしまう。左サイドからパスをつながれ、最後は右に振られてシュートを決められた。さらに4分、右サイド中盤でボールを奪われるとカウンターから2点目を失った。 後半になってから2点のビハインドを負う苦しい展開だったが、これで選手たちの闘志に火がついた。8分、左サイドから中村駿介が持ち込み、エリア内の矢島慎也にパス、相手と競り合ったこぼれを野崎雅也が強烈なシュートで1点差に詰め寄ると、21分にはゴール左近くまで切れ込んだ関根がマイナスに折り返すと待ち構えた小出が蹴り込み同点。最後は42分、中村が左からつなぎ、野崎がこの日2点目となる勝ち越しゴールを叩き込んで、劇的な逆転勝ちを収めた。 レッズユースは今季から始まった高円宮杯プレミアリーグを、9勝1分け8敗の東ブロック4位で終えた。

(元記事: http://bit.ly/tJVFAN 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です