『東日本大震災等支援プロジェクト 子供たちとのサッカー交流会』でチームは宮城県名取市へ

3日、浦和レッズは宮城県名取市の閖上小学校を訪問し、サッカーを通じた子供たちの心のケアを目的とする活動「東日本大震災等支援プロジェクト 子供たちとのサッカー交流会」を、トップチームの選手たちが行った。

この活動は浦和レッズが継続的に取り組んでいる、東日本大震災復興支援プログラムの一環で、トップチームの選手たちが被災地での活動を行うのは2012年から3年連続3回目、名取市での活動は2012年に続き2回目となった。

(元記事: http://bit.ly/1nMHRVc 浦和レッズ公式サイト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × three =