原口元気 激励セレモニー挨拶

ドイツのヘルタ・ベルリンへ移籍が決まり、6月1日の名古屋グランパス戦が、浦和レッズの一員としてラストゲームとなった原口元気。スタメン出場すると、2得点に絡む活躍を見せて埼玉スタジアムのピッチを躍動した。64分に山田直輝と交代し、万雷の拍手の中でピッチを後にした。試合後には激励セレモニーが行われ、後輩の関根貴大から贈られた花束を手に感謝の気持ちを込めながらのスピーチを行った。

(元記事: http://bit.ly/1mFWTXi 浦和レッズ公式サイト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve + 19 =