「我慢しながら、点を取りに行く姿勢を持ち続けたゲーム」ミシャ監督

Jリーグ第14節 vsセレッソ大阪 試合後のコメント

「最近は相手が守備的な戦術を取ってくることが多いですが、セレッソという攻撃的な素晴らしいチームであっても、9人が自陣に引いて守るという戦い方をしてきました。相手がそういう戦い方をしてくることは十分予測していたので、それに対する準備はできていました。狙いとしては、相手の13番と8番の選手は攻撃的で危険な選手ですが、そういった選手を自陣深いところまで押し込んでしまおうと、我々の両ストッパーの選手がワイドで高い位置を取ることによって、相手の危険な選手を守備に回すことができ、一人残ったフォルランをサポートできない状態にしてしまうという狙いがうまくいったと思います。フォルランにボールが入ったところでハードにマークに行き、フォルランも8番と13番が低い位置にいるのでサポートが遠く選択肢が少なくなりましたし、相手の攻撃の起点をつぶすことができたと思います。

(元記事: http://bit.ly/1iVVxoa 浦和レッズ公式サイト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 − 4 =