ダービーを勝利で飾り、5連戦を3勝1分1敗で終える

10日、浦和レッズはNACK5スタジアム大宮でJリーグ第13節の『さいたまダービー』、大宮アルディージャ戦を戦った。レッズは古巣対決となる青木がレッズ加入後リーグ初スタメン。柏木と原口の2シャドーに興梠が1トップでスタートし、李はベンチスタートとなった。試合前から両サポーターのテンションも高く決戦ムードが盛り上がる中、試合は16時4分に大宮ボールでキックオフされた。

(元記事: http://bit.ly/Rz7H0c 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 − 8 =