鈴木啓太「自分たちが走ること、ボールを走らせることが重要」

明日6日(火・休)、浦和レッズはヴァンフォーレ甲府と国立競技場で改修前のJリーグ最後のゲームを戦う。レッズにとって初めてのタイトルとなった2003年ヤマザキナビスコカップ決勝戦の舞台であり、そのピッチにも立っていた鈴木啓太。変わらぬ献身的な姿勢とハードワークを見せる背番号13に、明日のゲームへの思いを聞いた。

(元記事: http://bit.ly/1iWs112 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen − sixteen =