改修前の国立のJリーグラストマッチに勝利を

3日のFC東京戦で1-0の勝利。リーグ戦ホーム4試合連続の無失点勝利となった浦和レッズは、これで7勝1分3敗、勝ち点22で、2010年4月18日以来、4年ぶりに首位に立った。

昨シーズン来、チームに突きつけられていた「守備の安定性」という課題に対し、及第点をつけることのできる内容を示しながら得た待望の位置。選手たちは「まだ11節を終えただけ」と慎重さを見せながらも、「首位に立てたことは大きい」と自信を膨らませている。

(元記事: http://bit.ly/1q3eu1t 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven − 6 =