興梠慎三「前線3人が試される試合」

Jリーグの前節、名古屋グランパス戦で劇的な逆転勝利を収めたが、その試合終了間際に決勝ゴールを決めたのが興梠慎三だ。ゴールへの嗅覚に優れるが、味方と連動して攻撃を活性化するマルチプレイヤーでもある。今季は2シャドーの一角を務めることも多く、昨季は川崎フロンターレ相手に3得点の背番号30に意気込みを聞いた。

(元記事: http://bit.ly/1hTnge0 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です