原口元気に謹慎

12月10日(土)の大原サッカー場での出来事について、下記の通り、お知らせいたします。

12月10日(土)のトレーニング後、大原サッカー場のピッチ上で、弊クラブの岡本拓也の悪ふざけをきっかけに原口元気ともみ合いとなり、コーチが制止に入ったが、離れ際、倒れた岡本に対し原口が蹴り、左肩関節脱臼のケガをしました。クラブは事実を確認し、原口、岡本も十分に反省しておりますが、原口に対して譴責と本日より一週間の謹慎処分にいたしました。岡本に対しても厳重注意をいたしました。

また、全選手に対してプロ選手としての意識を持つよう注意を喚起しました。クラブとしても未然に防げなかったことを反省し、今後トップチームやアカデミーの指導者、選手に対する新たな教育プログラムを実施して参ります。

(元記事: http://bit.ly/t2Jpmc 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です