おれは広島育ち浦和の男 古巣対決の槙野、旗にこめた思い

槙野の開幕戦に懸ける思いはピッチに立った誰よりも強かったに違いない。相手は2年連続で古巣の広島。しかも出身地である敵のホームだ。

そんなあふれる気持ちを、ある場所に記していた。入場する前に選手がサインするフェアプレーフラッグ。書きなぐったような筆跡に込めた力強いメッセージだった。

(元記事: http://bit.ly/169Z5js 埼玉新聞記)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です