チームで同じ絵を描いて勝利を


© Urawa Red Diamonds

88チームがノックアウト方式のトーナメント戦で争う第91回天皇杯3回戦は、16日(水)19時から埼玉スタジアムで行なわれる。2回戦の宮崎産業経営大学(宮崎県代表)戦を4-1で勝利し、順当に勝ち上がってきた浦和レッズの次の対戦相手は、J2の東京ヴェルディだ。

レッズは、連戦の最中だった10月12日に行なわれた2回戦で、リーグ戦からメンバーを入れ替えて試合に臨んだ。試合は開始10分、不用意に先制を許したものの、前半のうちにマゾーラが2点を返して逆転し、後半にも原のレッズ移籍後初ゴールと高崎のゴールで2得点した。この日の原は中盤での出場だったが、本来のポジションはFW。4得点すべてをFW勢が決めたのはやはり、意地と言っていいだろう。

今回は約2週間の中断期間を挟んでおり、この中断期間に取り組んできたことが、チームとしてどれだけピッチで表現できるのか、ということが、次のリーグ戦の仙台戦にもつながる大事なポイントとなる。

(元記事: http://bit.ly/vP1Qzz 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です