vs鹿島「延長で力尽き、準優勝に」


© Urawa Red Diamonds

29日、チームはヤマザキナビスコカップ決勝戦を迎えた。レッズにとって4度目となる決勝戦。過去3回中2回は鹿島アントラーズとの対戦で2002年が0-1、2003年が4-0と1勝1敗。今シーズンの対戦はこれが3度目となり、ホームで2-2、アウェイで0-0の2分け。まさに雌雄を決する一戦と言えた。なお、全3回の同大会決勝戦中、今回はじめてレッズサポーターはメインスタンドから見て左のホーム側ゴール裏に陣取った。選手入場時にはゴール裏は上段から赤・白・黒に染め分けられ、『PRIDE of URAWA』の旗が立てられた。

(元記事: http://bit.ly/sPkmMo 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ten + ten =