コラム「継続が力、名取で誓った思い」

「地震が起きた時間って、何時でしたっけ?」10月21日、午前8時過ぎ。仙台市内の宿舎を出た浦和レッズのチームバスは、名取市内を走っていた。見渡す限りの大平原の中、赤いバスに乗った9人の選手たちは「ここに大勢の人が住んでいたようにはとても見えない…」と率直な言葉を漏らしながら、その目は大事なものを一つも見逃すまいと、丹念に窓外の光景を見つめていた。

(元記事: http://bit.ly/PwFqUS 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です