「今後にしっかりとつながる試合だった」ミシャ監督

Jリーグ第30節 vsセレッソ大阪後のコメント

「今日は非常に良いゲームを見ることができました。皆さんも私と同じ意見ですか?私と同じように皆さんも素晴らしいゲームを見たのではないでしょうか。このゲームの前にもコメントしましたが、セレッソというチームは、今のJリーグの中で、他のチームよりも1クラス、明らかに上の攻撃ができるチームです。

相手のクルピ監督は、5年間、セレッソというチームを率いて、半年ほどあきましたが、再び彼がそのチームを率いている状態です。クルピさんが来る前もセレッソというチームは素晴らしいチームを継続していたと私は思っていました。

ただ、今シーズンに入ってからのセレッソは良いゲームをしながら結果を残せなかった。ここ数年、セレッソは素晴らしい攻撃的なサッカーを展開しています。我々が今日対戦したのはそういうチームです。

私は浦和の監督なので、自分のチームを少しひいき目に見てしまうかもしれませんが、我々は今日、素晴らしいゲームをしました。札幌戦、仙台戦と負けて、連敗した中、非常に難しいゲームでした。

ただ、我々の選手たちは非常に素晴らしいゲームをしてくれました。チームとして、勝利への気持ち、強い意志、そして意地というものをしっかりと見せてくれました。今日のゲームで取った勝ち点1は、3ポイント以上に、非常に価値のあるものだと思っています。リーグが終わる4試合前まで優勝を争えるところにいるというのは、サポーターの方々も見ていて、我々がどの方向性に向かっているのか、分かるところにあると思います。

そして浦和レッズは今、生き返りました。Jリーグの中でここにありということを十分に我々は示せているのではないかと思います。そのことは価値のあるものだと私は思います。なぜ、今日、これだけのゲームをしながらゴールを決められなかったのか、勝利ができなかったのかということは、5時間あっても説明がつくものではないかもしれませんが、今日、我々が見せた戦い、内容というものは今後にしっかりとつながっていくものではないでしょうか」

(元記事: http://bit.ly/PX1Hwh 浦和レッズ公式サイト)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です